転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転職が少ない場合の職務経歴書

売り手市場が相変わらず続いていて、就職ガイダンスや企業説明会で採用担当者の必死の姿が報道されています。
一昔前までは、売り手市場など想像できないぐらい就職難が続いていたのが嘘のようです。
企業の採用担当者は、あの手この手で少しでも質の高い学生を獲得しようと頑張っていますが、それに比べて学生たちの余裕が感じられます。

しかし、その余裕も入社の時まで。
いざ就職すると厳しい仕事の環境が待ち構えていると思います。
始めて就職してから3年以内に転職する人たちが3割以上もいるのがその厳しさを物語っているのではないでしょうか。

転職自体は悪いことだとは思いません。
自分のスキルを発揮できるより良い環境があるのであれば、転職も良い選択だと思います。
中には転職を繰り返す人もいますね。
私も何度も転職した組です。

転職回数が多い場合は、まとめ方に注意は必要であるものの、けっこうアピールできる職務経験をピックアップしやすいものです。

転職回数が少ない場合や初めての場合、書くことがあまりないからと言って、スカスカの職務経歴書を作成しているようでは書類選考を通過することは難しくなってしまいます。
初めての転職であっても、同じ部署で同じ仕事に長年携わっていたとしても、年度ごとに目標とした内容や成果が異なっているはずですから、それぞれについて担当した職務内容を具体的に書くことは出来るはずです。

採用担当者が見たいのは、職務遂行能力ですから、やると決めたことを実際どれほど達成できたかが気になるわけでね。ですから、数字などをあげて説明すると、非常にアピール力のある職務経歴書になるわけです。
昇進昇格の履歴も当然記入します。昇進昇格の要因も具体的に説明できるのであれば、書いた方がいいですね。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 転職が少ない場合の職務経歴書 (05/10)
  • 転職コンサルタントを利用して職務経歴書を作成 (12/04)
  • 職務経歴書と履歴書の違いは何か (06/25)
  • 転職サイトや転職フェアを利用して職務経歴書作成 (05/23)
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • Sponsored Link

    最近のトラックバック

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。