FC2ブログ

転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転職が少ない場合の職務経歴書

売り手市場が相変わらず続いていて、就職ガイダンスや企業説明会で採用担当者の必死の姿が報道されています。
一昔前までは、売り手市場など想像できないぐらい就職難が続いていたのが嘘のようです。
企業の採用担当者は、あの手この手で少しでも質の高い学生を獲得しようと頑張っていますが、それに比べて学生たちの余裕が感じられます。

しかし、その余裕も入社の時まで。
いざ就職すると厳しい仕事の環境が待ち構えていると思います。
始めて就職してから3年以内に転職する人たちが3割以上もいるのがその厳しさを物語っているのではないでしょうか。

転職自体は悪いことだとは思いません。
自分のスキルを発揮できるより良い環境があるのであれば、転職も良い選択だと思います。
中には転職を繰り返す人もいますね。
私も何度も転職した組です。

転職回数が多い場合は、まとめ方に注意は必要であるものの、けっこうアピールできる職務経験をピックアップしやすいものです。

転職回数が少ない場合や初めての場合、書くことがあまりないからと言って、スカスカの職務経歴書を作成しているようでは書類選考を通過することは難しくなってしまいます。
スポンサーサイト
続きを読む

職務経歴書と履歴書の違いは何か

履歴書の中にも職務経歴を書く欄がありますね。
この使い分けをどうすればよいのか、迷ったことはないでしょうか。

職歴が少ないから履歴書にだけ職務経歴を書けば良い、あるいは企業から特別指定されていなければ、履歴書だけで良いなどと考えていては、まず、希望の会社へ転職することは難しいと言えるのではないでしょうか。

職務経歴書は採用担当者に対して即戦力になる、あるいはその会社の将来にプラスになることを自己アピールする文書です。
わかりきっていることですが、履歴書の狭いスペースだけでは、自己アピールするにも限度がありますね。

人気企業には多数の応募者が殺到しますから、その中から選ばれるためには、よりインパクトのある自己アピール文が必要不可欠なわけです。

就職・転職には、履歴書の提出が必ず求められます。
職務経歴書だけで良いという会社はまず無いでしょう。
通常は、履歴書職務経歴書を作成して提出することになるわけですが、内容の一部がダブって気になる人もいるような気がします。



続きを読む
  • 転職が少ない場合の職務経歴書 (05/10)
  • 転職コンサルタントを利用して職務経歴書を作成 (12/04)
  • 職務経歴書と履歴書の違いは何か (06/25)
  • 転職サイトや転職フェアを利用して職務経歴書作成 (05/23)
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • Sponsored Link

    最近のトラックバック

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。