転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己アピールのない職務経歴書なんて

職務経験がなくて、職務経歴書を書くことができない。
このような相談を受けてアドバイスをすることがありますが、職務経験が豊富でも職務経歴書がきっちり作成できていないケースも多々あります。

つい先日、転職を繰り返している人から相談を受けて、職務経歴書を見せてもらいました。
しかし、内容を見て唖然としました。
どのような職務を経験したのかを伝えるだけで良いと思ったのか、過去担当した大雑把な職務名をリスト形式でで並べているだけなんですね。

この人は、何のために職務経歴書を提出しなくてはいけないのか、理解していない状況だったのですが、ここまで極端ではないにしろ、同じような間違いをしている人は少なからずいると思います。

職務経歴書の目的は、単にどのような職務を今まで担当してきたのかを採用担当者に知らしめるだけではなく、その会社に入社してから希望に沿った実力が発揮でき、その会社に貢献できるかどうかを判断する、非常に重要な書類となるわけです。

この基本的なことを理解していないから、簡単に箇条書きにしてしまう人が多いような気がします。
応募企業の求人情報を見れば、何を期待しているのか、ある程度はわかるはずです。
自分の経歴の中で、特に強調すれば良い項目もわかってきますね。
そこをより具体的に、できれば数値を使いながら説明し、入社後も十分に活躍できることを採用担当者になっとくさせる必要があります。

スポンサーサイト
続きを読む

職務経歴書を使いまわししていませんか

職務経歴書の使い回しはダメだとわかっていても、各社に応募する書類の内容がほとんど似通っている。
こんなことはないでしょうか。
特に応募書類の提出先が増えると、それに比例して負担感がどっと増え、ついつい内容を見直さないままに送付してしまう。
私もそんな経験をしたことがあります。

履歴書や職務経歴書の作成は時間もかかりますから、提出先が増えると苦痛を感じたりすることもありますよね。
しかも、毎日の就職活動で精神的、肉体的疲労も蓄積。
疲れがたまってしまって、ついつい履歴書や職務経歴の使い回しをしてしまう。
その気持ちよくわかります。

人生経験豊富な方の中には、履歴書や職務経歴書の作成はたいして難しいことではないと考える人は多いと思います。
しかし、そのことと、使い回しをしないということは別で、その安易な考えがかえって履歴書・職務経歴書作成をおろそかにしてしまうことはないでしょうか。。

応募企業に合わせて、それぞれ職務経歴書などを作成するのは非常に神経を使いますし、時間もかかります。
しかも、提出先が増えれば増えるほど、負担増えます。

続きを読む
  • 職務経歴書と履歴書の違いは何か (06/25)
  • 転職サイトや転職フェアを利用して職務経歴書作成 (05/23)
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための企業研究 (09/15)
  • 経歴詐称、学歴詐称の背景 (03/27)
  • Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。