転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

経歴詐称、学歴詐称の背景


最近、学歴詐称のニュースが連日報道されていましたね。
学歴を偽ることで仕事が決まる。
本当は人物本位でみて欲しいところなんですが、いまだに学歴を重視して採用を決める会社も多いようです。

入社してからの実力は学歴と比例していないと思うのですが、実力を発揮することを期待できる、ある程度の目安となるのでしょうか。
学歴詐称をしてしまうのは、そのような背景があるような気がします。

学歴詐称の問題よりも大きいのが経歴詐称の問題です。
職務経歴書には今までの積み上げてきたキャリアを詳細に書くわけですが、実際には担当したことがない職務を書いてみたり、ほとんど成果を上げることができなかった担当職務を大きく歪めて説明したりなど、程度の差はあれ、思い当たるような職務経歴書を書いたことがあるという方は、思いのほか多いのではないでしょうか。

しかし、あまりにも盛りすぎた職務経歴書は入社してからすぐにボロが出るものです。
周囲からの冷たい視線にさらされることになりかねませんから、せっかく就職できたとしても、長続きしないことになりますね。
続きを読む

資格が欲しい 職務経歴書に書く資格

履歴書を送っても何の返事もない、職務経歴書はちゃんと読んでくれているのか、など、就職活動や転職活動がうまくいかないと、こんな気持ちになりがちですね。
もっと職務経歴書でアピールできるものがあればと思い、資格を取る、こんな傾向が最近見られるようです。

大学に在籍しながら専門学校資格取得講座に入学したり、既卒者で転職を考える前に資格を取っておこうと、専門学校に通ったりと、この就職難の時代に、なんとか仕事に就こうと涙ぐましい努力をしている人がたくさんいます。
しかし、資格を取りさえすれば何とかなると思うのはあまりにも安直な考えのような気がします。

もちろん、資格によってはまだまだ求人意欲が旺盛な職種があります。
介護・福祉関係ですね。
新聞の求人欄で他の職種の求人情報がどんどん減る中で、けっこうたくさん求人情報が掲載されています。
しかし、この仕事、覚悟がなくては長続きしませんから、介護の資格でも取っておくかなどの甘い考えでは取らない方がいいでしょう。
お金も時間も無駄になりますからね。

職務経歴書に書く資格は、できれば自分の今までのキャリアにプラスになるものがいいと思うのですが。
即効果があるかどうかは分かりませんが、今までのキャリアを評価していただける採用担当者に巡り合えば、関連するその資格も高く評価してもらえると思います。

続きを読む
  • 転職サイトや転職フェアを利用して職務経歴書作成 (05/23)
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための企業研究 (09/15)
  • 経歴詐称、学歴詐称の背景 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための必須項目 (12/15)
  • Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索