転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今は職務経歴を増やすチャンス

最近労働力不足で、休業を余儀なくされたというニュースをよく耳にします。
じっさい、飲食業界や建築業界では深刻な労働力不足が問題となっており、一部には海外の労働力に頼らざるをえないところも増えているのが現状です。

ほんの少し前までは就職難で求人倍率も悪化したままだったのですが、最近はその数値も改善し、転職が難しいとされていたミドル層や女性にとっても明るい兆しがあります。

かといって安易な気持ちでは転職に失敗するのは目に見えていますが、自分のキャリアを高めたいと思っている人にはチャンスなのかもしれません。

特に若い世代を育てることができるミドル層、ある程度の知識と技術を持ち、業界の事情もわかっている人を採りたいと考えている企業は増えています。

単純に外国人労働者を増やしても、その人たちを育成管理できなくては、効率良く業務を進めることはできません。
将来勝ち残る企業にするためにも、若手をぐいぐい引っ張っていくことができる人材が必要とされているんですね。

スポンサーサイト
続きを読む

中途採用の活発な時期に合わせた転職活動

今日は職務経歴書の作成内容から離れて、転職活動について一言。

転職活動中で、すぐにでも仕事に就かなくてはいけない人にとっては、中途採用の活発な時期云々は関係なく、とにかく1日でも早く採用されたいと思うのは仕方がないことです。

しかし、今から転職に向けて準備活動を開始するというのであれば、どの時期に各企業の採用意欲が活発になるのか、知っておく必要があると思います。

ある程度は想像がつきそうですが、3月と9月に年間の2つの採用ピークがきます。
業種によって違いはあると思いますが、たいていの企業は上期・下期のスタートに向け採用が活発になるわけですね。

転職するためにはいろいろ準備が必要です。
思い立ってすぐに転職できるなんていうのは、ごくごくまれなことだと思います。

だから、その準備の期間をきっちりとって、転職活動を進めていくことが必要なのですが、現在の仕事の忙しさを理由にして、準備開始を先延ばしにして、いざ転職というときになって慌てる人がいます。

転職に成功する秘訣は、この中途採用の活発な時期を絶えず念頭に置き、就活のスケジュールを作って、効率よく活動する必要があると思います。
続きを読む
  • 職務経歴書と履歴書の違いは何か (06/25)
  • 転職サイトや転職フェアを利用して職務経歴書作成 (05/23)
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための企業研究 (09/15)
  • 経歴詐称、学歴詐称の背景 (03/27)
  • Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。