転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職務経歴書の記入形式(編年方式)

職務経歴書の書き方は、あまり形式にとらわれず、各自の個性を発揮して工夫すれば良いのですが、通常は職務の履歴を過去からの時間の流でとらえて記入する編年方式と、アピールしたい職務履歴を中心として作成するキャリア方式があります。

どちらが良いかは、各個人の職務履歴により異なります。
編年方式の特徴は年代別にまとめることでありますから、昇進・昇格の履歴が非常に見やすくなる利点があるわけです。
順調に昇進・昇格を繰り返してきた職歴を持っているならば、編年方式で書く方が自分の強みをアピールしやすくなります。

逆に編年方式職務経歴書を作成することがあまり向かないのはどういった職務履歴の人なのか、気になるところですね。
スポンサーサイト
続きを読む

職務経歴書書き方の基本ルール

職務経歴書の書き方には基本的なルールがあります。
あまり気にせずに職務経歴書を作成している人が多いような気が
しますが、些細なことで減点され、印象を悪くしてしまうのは
せっかくのチャンスを失うことになりかねません。

転職のベテランなら自分なりの考えが固まっているかもしれませんが、一般的に言われているルールは守るほうがいいと思いますね。
例えば用紙について、基本は罫線のない無地の白い紙を使います。
分かり切ったことですが、中には信じられないことを平気でする人も
いるわけです。

続きを読む

転職コンサルタントを利用して職務経歴書を作成

職務経歴書の作成。頭を抱えていませんか。
いざ職務経歴遺書を書こうと思って机の前に座ったものの、ペンが動かない。あるいは、ちょっと書き出したものの、何度も書き直してしまう。こういう経験はよくあると思います。

うまく書けない理由の一つは、自分自身の強み、職務経歴として売り込むアピールポイントが自分自身でまだ認識出来ていないからではないでしょうか。
お盆休みのように長期の休みがあるときは、自分のキャリアを振り返って、職務経歴書に書き出す内容をまとめるのにうまく時間を活用するといいのですが、何時間頭をひねってもまとめることができない!
こういう場合には、考え方を切り替えて、転職サイトや人材登録会社の転職コンサルタントをうまく活用してみてはいかがでしょうか。
続きを読む

職務経歴書のアピールできる文字量と枚数は

職務経歴書を作成するとき、できるだけ自分をアピールしたいという
気持ちが強くなって、文字量が多くなってしまったり、枚数も増え
たりすることがよくあります。

私が過去受け取った職務経歴書で一番多かった枚数は5枚でした。
A4の用紙にパソコンでびっしり文字が詰め込まれています。
それを見たとたん、読む意欲がなくなってしまいました。

読む人の立場に立ってみればわかりますよ。
ダラダラとまとまり無く文章が続けば、途中で読むのが嫌になるで
しょう。
続きを読む

職務経歴書は手書きかパソコンで作成か

職務経歴書は書く内容が多くなりますから、基本は見やすく、読み
やすく作成することが重要です。
字に自信がある場合は、手書きで採用担当者を印象づけることも
有効な戦略かもしれませんが、読みやすさという点では、やはり
パソコン使用の方が勝っていると言えます。

履歴書の場合とは少し異なりますね。
履歴書は、マニュアル本を読むとたいてい自筆が良いと書かれて
います。
採用担当者が履歴書の字から、その人柄を判断することができ、
手書きの方が好印象を与えるというものです。

では、職務経歴書も手書きの方が良いかというと、そうではない
というのが多数の意見のようです。
続きを読む
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための企業研究 (09/15)
  • 経歴詐称、学歴詐称の背景 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための必須項目 (12/15)
  • 自分をプレゼンする職務経歴書とは (10/06)
  • Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。