転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

職務経歴書でアピールするポイント

職務経歴書で何をアピールすればよいのか。これは採用担当者の立場になって考えてみれば自ずと明らかになります。
例えば、自分が採用担当者である場合、独りよがりの自己PRに終始した職務経歴書を見て納得するでしょうか。

人材を採用する場合、単に人員を増やすのではなく、目的があります。例えば新しく始まるプロジェクトを軌道に乗せるために有能な人材が必要であるとか、販売強化のために営業経験豊富な人を採用するなどです。

この採用方針に基づいて求人活動を行うわけですが、当然この方針からかけ離れた人材は書類の段階ではねられてしまう可能性は高くなります。
職務経歴書の第一のアピールポイントは、自分がこの採用方針にいかに適しているかを的確に表現することですね。
求人情報に応募条件や、期待する職歴が書いてあれば、自分のキャリアがどのようにその条件をクリアしているのかを述べる必要があります。
続きを読む

職務経歴や経験年数だけで評価することの危険性

職務経歴書は採用担当者に自分自身を売り込むためのPR文書ですから、悪く書く人はまずいません。みんな何らかの工夫を盛り込んで、少しでも自分のキャリアがアピールできるように表現や記載内容に苦労しながら職務経歴書を作成しているわけですね。

採用担当者にとってはこの職務経歴書を通して、その人の人物像やキャリアの価値を見抜く必要があります。履歴書や職務経歴書を送付したすべての応募者と面接するのであれば、面接でしっかりとその人物を見ることができるという安心感があるでしょうが、書類選考を行っている企業にとっては、職務経歴書などの書類を正しく評価するということは、非常に神経を使う作業となるわけです。
続きを読む

キャリア中心にまとめる職務経歴書

職務経歴書の書き方は大きく分けて2種類ありますが、そのうちで編年方式については以前にまとめた通りです。
もうひとつの形式キャリア中心にまとめていくというもの。
職務経歴が短い人や、売りにできる強いアピール力を持つキャリアがあるならば、このキャリア方式で職務経歴書をまとめると良いでしょう。

キャリア中心に職務経歴書をまとめるやり方は、それぞれのキャリアについて強弱のメリハリをつけることができるというメリットがあります。
まとめ方によっては、採用担当者に強く印象づけることが可能になるわけです。
続きを読む

職務経歴書の形式(年代別記入の工夫)

職務経歴書形式はこだわる必要がないことは、前の記事でも書きましたが、だいたい大まかには2つの記入形式に分かれます。
キャリアを中心に書く方式と、年代別に職歴を振り返る方式ですね。

編年方式は作成しやすく、自分の経歴を容易に振り返ることができますから、この形式職務経歴書を作成する人は多いと思います。
しかし、少しでも工夫してアピール力を高めたいものですね。

転職する場合は、今までより更に良い環境や職場へステップアップしたいと考えている人が多いと思います。同じよな経歴、職歴を持つ人たちが集まってくる可能性が高いことから、工夫して職務経歴書を作成することが大事なわけです。
続きを読む
  • 職務経歴書と履歴書の違いは何か (06/25)
  • 転職サイトや転職フェアを利用して職務経歴書作成 (05/23)
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための企業研究 (09/15)
  • 経歴詐称、学歴詐称の背景 (03/27)
  • Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索