転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

職務経歴書の職歴を記入する時に必要な項目とは

職務経歴書は職歴をわかりやすく書かなくてはいけないのは当然ですが、記入必須項目ごとに具体的に説明を加えていくと、非常にわかりやすい職務経歴書ができあがります。
職務経歴書を提出するのは転職の場合がほとんどだと思いますので、勤めていた会社の情報が必要ですね。

まず会社名ですが、正式な名称で記入します。また、どのような業種の会社であるのか、また売上や資本金、従業員数など、会社の規模がわかる数字を載せておくことが望ましいですね。

次に所属していた部署名ですが、これも正式な部署名と具体的な業務の内容を記入します。このとき気をつけないといけないのが、特殊な業務や一般的でない業務内容の場合は、できるだけわかりやすい説明を加えるということ。
面接の段階で説明を求められるようでは、できのいい職務経歴書とはいえません。

担当職務については日常の業務だけではなく、プロジェクトチームに携わっていたなど、自分のアピールできるポイントはできるだけ書きます。また、期間が決まっていたプロジェクトなどの場合は、その期間も書いておくといいでしょう。

次に昇進・昇格ですが、昇進・昇格した時期と、正式な役職名、それと記入しておくのが望ましいのが部下の数。たくさんの部下をマネージメントしていたのであれば、必ず記入しておくべきでしょう。

退職理由も必ず明記します。
もちろんマイナスイメージを与えるような説明の仕方ではなく、できるだけ前向きな表現を使うことを心がけます。
履歴書で退職理由を書いているからと、職務経歴書では省く人もいますが、何度か転職を繰り返している場合、それぞれの会社についての退職理由を職務経歴書に明記した方がわかりやすいと思いますね。
続きを読む

職務経歴書を見やすくするコツ

職務経歴書を見やすく、読みやすく作成するのは基本中の基本ですね。
一度作成した職務経歴書はなかなか見直そうとしないものですが、一度ゆっくりと目を通すと
やはり改善ポイントがいくつも出てきますね。
職務経歴書にしろ履歴書にしろ、見直して工夫することにより、どんどん進化すると思います。
せっかく希望の仕事を目指して応募書類を提出するわけですから、最高の書類に仕上げて提出し、転職に成功したいものです。

私も最近さらにステップアップしようと、以前作成した職務経歴書を見直しました。
表現を一部変えたり、アピール内容を具体的にしたりと、修正する部分はどんどん出てきます。
ミスも発見してしまいました。
株式会社と社名の間にスペースを空けているところがあったんですね。
ほかはすべてスペースなしで続けて記入していますから、記入の仕方で統一がとれていなかったわけです。
見る人によっては大きく減点されるところです。
続きを読む

職務経歴書のレイアウト

いよいよ新年がスタートしましたね。
転職活動中の人も、転職しようと今から情報を収集し始めた人にとっても、充実した1年になるといいですね。

転職活動中の人は、すでに職務経歴書を作成済みだと思いますが、見直しは完了しているでしょうか。
今回はレイアウトについて考えてみたいと思います。
見やすいレイアウトは読みやすいだけではなく、見たときの第1印象が良くなります。
こういった細かな点まで気をつけて職務経歴書を作成したいものですね。

まず、余白ですが、上下、左右詰まりすぎないようにすることです。
書く内容が多く、できるだけ1枚に納めたいと考えているときに、余白を少なくしがちですが、
無理につめず、ページの枚数を増やすか、表現を変えてページ内に収まるようにしたほうがいいでしょう。

ここで気をつけないといけないのが、一つの記入内容のまとまりがページをまたがないということです。ページをまたいで職務経歴を説明すると、すっきりまとまった印象にならず、下手をするとダラダラ書いているような印象を与えてしまいます。
続きを読む
  • 職務経歴書と履歴書の違いは何か (06/25)
  • 転職サイトや転職フェアを利用して職務経歴書作成 (05/23)
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための企業研究 (09/15)
  • 経歴詐称、学歴詐称の背景 (03/27)
  • Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索