転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

見せる工夫、見やすいレイアウトで職務経歴書は強くなる

職務経歴書の大まかな形式は編年方式、キャリア方式と2つのタイプを選べばいいわけですが、細かな部分となると、きまった形式があるわけではありません。
自分なりの工夫が必要となるのが職務経歴書であるわけですね。
ここで注意しなくてはいけないのが、自分を中心に考えて職務経歴書を作成してはいけないということ。
自分では、見やすく、分かりやすい職務経歴書になっていると思っていても、採用担当者から見ると非常に見づらい、分かりにくいものになっているかもわかりません。
あくまで、人事採用担当者の視線に立って、職務経歴書を作成する必要があるわけですね。

人事採用担当者は、転職者だけではなく、新卒に対しても採用活動を行っている場合が多いと思います。就職活動がピークになる時期などは、履歴書が山のように届くわけです。
もちろん、中途採用だけを担当している人事採用担当者もいると思いますが、人気の職種や条件のいい、中途採用求人については、非常にたくさんの履歴書や職務経歴書が郵送されてきます。
この中から、これはと思う人材を選ばなくてはいけないわけですから、どうしても、見やすい、短時間で内容が把握できる職務経歴書に注意が行ってしまいますね。
続きを読む

職務経歴書の記載内容は誇張しすぎず、正直に書く

職務経歴書にしろ、履歴書にしろ、やってはいけないというタブーがいくつかあります。
よくやりがちであるのが、記入内容の誇張のしすぎや嘘です。

職務経歴書などの応募書類は、人事採用担当者に対する一種のプレゼン資料ですから、職歴の内容、志望動機やキャリアなどの自己アピールポイントで、どうしても実際の内容よりも良く書きすぎたり、時には実際と異なる内容を書いてしまったりということが起こりがちです。

当然自己アピールができていない職務経歴書では面接まで進むことが難しくなりますから、ある程度誇張するのは仕方がないことだと思います。
しかし、それも度が過ぎると逆効果になると思っておいた方が良いでしょう。

以前日経ビジネスオンラインの記事で「企業の人事部門が極秘で行う前歴照会」というのがありましたが、そんなに珍しいことではありません。
採用する側はできるだけ能力の高い即戦力の人材を採用したいと考え、いろいろ手を尽くして応募者を評価するわけですが、それでも不安になることがあります。
そんな時に以前勤めていた会社に、応募者の人柄や実績、在籍年数や退社日時を確認するわけです。
ここで嘘がわかれば、その応募者の評価は大きく下がることになります。

続きを読む
  • 職務経歴書と履歴書の違いは何か (06/25)
  • 転職サイトや転職フェアを利用して職務経歴書作成 (05/23)
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための企業研究 (09/15)
  • 経歴詐称、学歴詐称の背景 (03/27)
  • Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索