転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職務経歴にブランクがある場合の効果的な職務経歴書の書き方

夏も終わり、世間的には過ごしやすい秋がやってきます。
汗をかきながら転職活動をしていた人にとって、動きやすい季節ですが、心をひきしめて転職活動しないと、ズルズル冬に突入。新しい仕事が決まらないまま年を越してしまうなんてことにもなりかねません。
やはり、履歴書にしろ、職務経歴書にしろ、自信を持って提出できるレベルにまで磨き上げて、転職活動を成功させたいものですね。

ところで、職務経歴書を何の迷いもなくすらすら書ける人は少ないと思います。
書く内容がいっぱいあって、何を書こうか迷い、まとめるのに時間が書かている人は、ほんの少しコツをつかむだけで魅力ある職務経歴書に仕上げることができると思いますが、書く内容が少ない、めぼしい職務経歴がほとんどない、あるいは正社員の経験がないなど、書く上で悩みを持つ人は多いはずです。

特に退職してブランクが開いている場合、あるいは転職を繰り返している人で退職と採用の間にポカンとブランクが開いている場合、うまく表現しないとマイナスに受け取られることがありますので注意が必要です。
間違っても「就職活動がうまくいかなかったので、その間ぶらぶらしていました」なんて書けません。
やはり採用担当者を納得させるような書き方が必要となります。
スポンサーサイト
続きを読む
  • 職務経歴書と履歴書の違いは何か (06/25)
  • 転職サイトや転職フェアを利用して職務経歴書作成 (05/23)
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための企業研究 (09/15)
  • 経歴詐称、学歴詐称の背景 (03/27)
  • Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。