転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職務経歴書と志望理由書が分かれている場合

職務経歴書を作成するとき、その中に志望理由をうまく盛り込むことが必要ですね。
今までの経歴を生かしたいと考えて応募しているのか、あるいは未経験であっても、新しい分野に挑戦したいと考えているのか、採用担当者は気になるところです。

たとえば、今までの職歴を新たな職場で活用したいと考えているならば、どのような技術やキャリアを新たな職場で活用したいと考えているのか、単に過去の職歴を羅列するだけではなく、具体的に説明する必要があります。
その思いが、採用担当者の思いと一致すれば、非常にインパクトの強い職務経歴書になるわけですね。

職務経歴書を作成するときには、この志望動機の書き方で、けっこう頭をひねるのではないかと思います。当然履歴書の中でも簡単に触れるわけですから、同じことを繰り返し書くのではなく、職務経歴書ではさらに異深める必要があります。

この重要な志望動機の説明。
採用企業によっては、詳しく知りたいと考えているところも多いようで、提出書類に「志望動機書」と明記しているところもあります。
中には自由形式ではなく、書式まで決められていて、それをダウンロードして記入し、提出するというところもあるようです。

このような場合、なぜ分けているのか、そのところをきっちり理解して書く必要があります。
それだけ志望動機を重視しているということですから、内容の薄い、ありきたりの志望動機を書いてしまっては、他の書類がいくら良くできていても、採用に至ることが難しいと思われます。
たいていはA4用紙1枚分になっていますので、それぐらいは書けるように準備をしておいた方がいいですね。
スポンサーサイト
続きを読む

職務経歴書作成に行き詰ったら

今までに何度も転職を繰り返し、その都度職務経歴書を作成してきた人にとって、職務経歴書を見直すことはそれほど難しいことではないと思いますが、今まで転職の経験がなく、はじめて職務経歴書を作成するという人にとっては、戸惑うことが多いかもしれません。

職務経歴書は作成の準備がきっちりできていれば、作成自体はそれほど難しいものではないと思うのですが、せっかく書き出した職歴も、拙い表現のために十分採用担当者に伝わらない場合もあると思います。
そこで、サイトや転職関連本を読み漁って、自分の作成した職務経歴書の足りない部分を補ったり、改善していくわけですが、手直ししたものの、本当に自分の作成した職務経歴書が書類選考をパスできるレベルのものに仕上がったのかどうか、不安が残りますね。

さらに何度も見直し、ある一定のレベルにまで、完成度を高めることは可能ですが、それでも、本当に十分なレベルに達しているのかどうか不安が残ります。
そこで、職務経歴書作成初心者にとって一番手っとり早いのが、他人の意見、客観的な意見を求めることです。
それも、人事採用経験者の知人が近くにいれば、見せて意見を求めるのが効果的です。
できれば、複数の意見を求める。

しかし、そんな知人なんかいないという場合も多いですから、そんな時には転職支援サイトなどが行っている、無料添削サービスを利用することですね。
小さな人材紹介会社を訪れて、職務経歴書見せて、色々アドバイスを受けるのも一つの方法です。
続きを読む
  • 職務経歴書と履歴書の違いは何か (06/25)
  • 転職サイトや転職フェアを利用して職務経歴書作成 (05/23)
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための企業研究 (09/15)
  • 経歴詐称、学歴詐称の背景 (03/27)
  • Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。