転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職に成功するには心構えを新たにする必要がある。

今年は未曽有の就職危機。この年の瀬を超すことができずに資金繰りに奔走する企業も目立ってきていますが、それを反映するかのように失業率が右上がりの状態になっています。
就職活動をまだ継続している人にとって、新年は本当にいい年になって欲しいですね。

この年末年始の時期は履歴書や職務経歴書などの応募書類を送付することが少ないと思います。
採用担当者も基本的には年末年始の休みに入りますし、今は挨拶回りで忙しい時期でもあるでしょう。
たとえ応募期間中であって書類を受け付けてくれるとしても、送るタイミングはしっかりと考えたほうがいいですね。

職務経歴書を作成して就職活動を開始してから期間が長い人は、職務経歴書を完成させてから相当経っていると思います。
その間、全く変更していない、改善していない人も多いのではないでしょうか。
半年以上もたっている場合、前職からのブランクが長くなってきていますから、この年末年始でどうブランクを埋めていくか、真剣に考えておいて方がいいでしょう。
このような厳しい就職環境では、さらに就職活動が長引くことも念頭に置いておく必要があります。
単に就職活動だけを続けていましたでは、あまりにも能がないと判断されかねません。
時間が有効に活用できるかどうかも能力判断の重要な要素ですから。

スポンサーサイト
続きを読む
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための企業研究 (09/15)
  • 経歴詐称、学歴詐称の背景 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための必須項目 (12/15)
  • 自分をプレゼンする職務経歴書とは (10/06)
  • Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。