転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の価値を正しく評価し、職務経歴書を作成する

職務経歴書自己アピールを効果的に書くのは当然のことなのですが、自分自身のキャリアに対して正しい評価がなされていなければ、記入した内容と、面接時などで与える印象とのギャップが大きくなってしまいます。
自分の評価は自分自身が一番よく知っている!
こう言い切る事ができれば素晴らしい事なのですが、思い込みというのもけっこう多いのではないでしょうか。

この自分の市場価値に対する思い込みは自分自身ではなかなか気がつかないものです。
今の報酬が転職後に確保されるという保証はありませんし、もう既に退職していて仕事を探している場合、過去に得ていた報酬が正当な評価に基づくものであるのかどうか、判断が難しい所ですね。
特に単に勤続年数が長くて自動的に給与がアップしてきた、そういう人はキャリアに対する正当な報酬と実際に受け取っている報酬とのギャップが生じている可能性があります。

自分の価値がどれほどのものであるのか、不安であれば、キャリアに対しての評価、年収目安をチェックできる転職支援サイトもありますので、利用してみるのもいいと思います。
正しい評価を知るという事は、自信を持って職務経歴書を作成することにつながります。

自分自身を過大評価している場合だけではなく、過小評価しすぎている人もいますから、チェックするメリットは大きいですね。
特に過小評価している場合、その自信の無さが職務経歴書に如実に反映されてしまいます。

スポンサーサイト
続きを読む
  • 職務経歴書と履歴書の違いは何か (06/25)
  • 転職サイトや転職フェアを利用して職務経歴書作成 (05/23)
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための企業研究 (09/15)
  • 経歴詐称、学歴詐称の背景 (03/27)
  • Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。