転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職務経歴書作成時のズレを修正

職務経歴書作成時の気をつけたいポイントはたくさんありますが、なかなか気がつかないのが職務経歴書のズレ。
何の事だか分らないですか?
つまり、職務経歴書は自分の強調したいと思っている職務経歴を中心に作成する場合が多いと思いますが、それが必ずしも応募企業の思惑と一致しない場合があるということです。

通常、採用側は即戦力を求めている場合が多く、しかも会社ごとに社内の事情というのが異なっています。
今までやってきた仕事と同じ業種だからと安易に考えて安易に作成すると、作成した職務経歴書と採用側の思惑のズレが生じることになります。

これは応募する企業の研究、求人書類の熟読不足が一因ではないでしょうか。
店舗を急激に増やしている企業があるとします。
販売を更に伸ばすための営業力を求めているのか、あるいは急展開に伴う人材管理・育成を含めた営業手腕を求めているのかにより、職務経歴説明内容の重点の置き方が異なってくると思います。
人材管理・育成まで求めている会社であれば、マネージメント能力も期待されているわけですから、単に営業力のアピールだけではなく、部下管理・育成、チームとして活動した成果なども、自己アピールするポイントとして記載することが重要になります。

深く考えずに手当たり次第に職務経歴書を送っている場合は、職務経歴書作成のズレが発生している可能性が高いと思いますので、もう一度再チェックしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーサイト
続きを読む
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための企業研究 (09/15)
  • 経歴詐称、学歴詐称の背景 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための必須項目 (12/15)
  • 自分をプレゼンする職務経歴書とは (10/06)
  • Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。