転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職務経歴書で重視される即戦力とは

職務経歴書で重視される項目はいくつかありますが、転職者の場合は即戦力として活躍できるかどうかを判断することが多いと思います。
これは採用する側の気持ちに立てば当然のことですね。
せっかく採用しても、教育に時間がかかってしまえば、中途採用を実施する意味がありません。
退職者の補充で採用するのであれば、その業務を引き継ぎ、業務を問題なく処理していく必要があります。
ここが新卒採用と異なる点ですね。

しかし、ここで大事なことは即戦力の意味をはき違えないことです。
求人企業が求める応募条件があると思いますが、100%合致していなくてはその会社を受験できないというものではありません。
むしろ未経験の内容が一部あったとしても、向上心と吸収力があれば、即戦力になりえるわけです。
前職とまったく同じ職務だから即戦力として評価されると考えているなら、非常に甘い考え方だと言わざるを得ません。
どんなに前職が求人内容と合致していても、やる気のない人が即戦力として力を発揮できるとは思えないわけです。

だから職務経歴書では即戦力として力を発揮できることをアピールする必要があります。
前職で経験がある、これだけではアピール力は0ですね。

スポンサーサイト
続きを読む
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための企業研究 (09/15)
  • 経歴詐称、学歴詐称の背景 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための必須項目 (12/15)
  • 自分をプレゼンする職務経歴書とは (10/06)
  • Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。