転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職務経歴って何?職務経歴書の基本的なこと。

職務経歴書」、当たり前のように使用しているこの言葉ですが、どれほどこの言葉の意味を理解しているでしょうか。

「職務」とは担当している任務や仕事のことですね。
「経歴」とは仕事面に限って言うと、今までに経験してきた仕事の履歴となります。
だから、この言葉の意味をそのまま受け取って、担当してきた仕事内容を、ずらずらと書き並べたものが職務経歴書なんだと思ってしまうと、就職や転職に成功する可能性は非常に少ないと言わざるを得ません。

ウィキペディアでは、「職務経歴書(しょくむけいれきしょ)は、当人が過去に従事した職務・職業上の地位、および当該職務の具体的内容を、当人の職歴として時系列的(編年体)またはキャリア(経験)、プロジェクトタイプなどをベースに記載した書面のことで、第三者に提示するために使用され、時として履歴書とともに(履歴書の補完的に)使用される。」と説明されています。

この説明を見て、職務経歴書作成にあたって、色々工夫ができるんだ、あるいは工夫しなくてはいけないと感じた人は、アピール力ある職務経歴書を作成することができると思います。

ただ、「履歴書の補完的に」という説明個所にはちょっと疑問があります。
補完的ではなく、職務経歴書は主役ともなりえる非常に大切な書類です。

履歴書で触れているから、その説明をさらに深めるために職務経歴書を作成すると考えるのではなく、自分の職歴を採用担当者に効果的に分かってもらい、採用したいと思わせるためには、どのような構成でどのような表現を使えばいいのかを考える必要があります。
もちろん、履歴書記載内容との矛盾がないかどうかのチェックは必要になります。
スポンサーサイト
続きを読む
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための企業研究 (09/15)
  • 経歴詐称、学歴詐称の背景 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための必須項目 (12/15)
  • 自分をプレゼンする職務経歴書とは (10/06)
  • Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。