転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アピール度の高い職務経歴書のレイアウトとは

職務経歴書のスタイルは工夫次第でどうにでもなる、言い換えると工夫を凝らしていない職務経歴書はそれなりの評価しか受けないということになります。

編年方式にしろキャリア方式にしろ、採用担当者の必要としている情報を的確に表現し、見やすくレイアウトする、この基本をしっかりと守って職務経歴書を作成すれば、それほど大きく的外れな職務経歴書になることはないと思います。

しかし、アピール度の強い職務経歴書に出会うことがあります。
それは、こちらが知りたいと思う情報を最初に見やすくレイアウトしている場合です。
採用職種の必要とされる能力なり、キャリアをどれだけ満たしているのか、冒頭で説明できれば、あとあとじっくり読んでもらうことができますね。

採用職種と自分の希望職種を重ね、必要とされるスキルをどれだけ満たしているのか、またその職種に関してどれほど経験を積んでいるのか、説明できれば印象は大きく違ってきます。
これを冒頭に持ってきて、そのあとに編年方式でまとめれば良いわけです。

また、この編年方式にしても、必ず過去から現在に時系列で並べなくてはいけないというものでもありません。
現在から過去に向かって記載してもいいわけです。
特に、過去よりも現在に近い職務経験が、応募する企業のニーズに合致するのであれば、現在から過去に遡った方が印象深いものになる可能性もあります。
スポンサーサイト
続きを読む
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための企業研究 (09/15)
  • 経歴詐称、学歴詐称の背景 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための必須項目 (12/15)
  • 自分をプレゼンする職務経歴書とは (10/06)
  • Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。