転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職・転職の相談は誰にするか

現在就職活動中で履歴書を何度も書き直している、あるいは転職を考えていて職務経歴書を書き始めたなど、就職を勝ち取るために努力を続けている人が多いと思います。
トントン拍子にことが運んで就職できた!
こんな人は稀ですね。
ほとんどの場合、死に物狂いで就職活動し、やっと採用の栄冠を手に入れる、このような感じかと思います。

今回は履歴書や職務経歴書の書き方そのものとは違って、就職活動中の心構えで大事なことを考えたいと思います。
何度面接を受けてもいい返事がもらえない、あるいは応募書類を送っても、面接の通知すら来ないなど、自分の思うようにいかない場合には孤独になりがちですね。
自信を失ってしまって、自分の殻に閉じこもってしまう人も出てきます。

このような状態では効果的な履歴書や職務経歴書を作成できるはずがありません。
自分の苦悩を人に聞いてもらうだけでも、大分違ってくると思うんですね。

相談する相手は身近な人がいいと思いますが、親でも友人でも、あるいは大学のキャリアセンターの先生でも、相談できる人も見つけて積極的に話をしていく。
それぞれの立場で意見も言ってくれると思います。
直接的には実際の就職活動に即役立つ助言は得ることができないかもわかりませんが、心を前向きにするには非常に効果的だと思います。

相談相手は就職活動に詳しい人でないとダメだと思う人がいるかもしれませんが、決してそうではないと思います。
身近ですぐに相談できる人がいれば、話をしてみてはどうでしょうか。




スポンサーサイト
続きを読む
  • 職務経歴書と履歴書の違いは何か (06/25)
  • 転職サイトや転職フェアを利用して職務経歴書作成 (05/23)
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための企業研究 (09/15)
  • 経歴詐称、学歴詐称の背景 (03/27)
  • Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。