転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

自分をプレゼンする職務経歴書とは

職務経歴書は、他者との差別化がどれだけされているのかが重要ですね。

単なる自分の歴史紹介で終わってしまっている職務経歴書を良く見かけます。
これを読む採用担当者はたまったものではないですね。
採用して会社の利益となる人材であるかどうか、全く判断できない職務経歴書がなんと多いことか。
つくづく思ってしまいます。

ようは、採用側の目線に立っ説明しているか。
その企業が求める採用ニーズに沿った自己アピールがなされているのかどうか。
職務経歴書を読む採用担当者の関心を少しでも引き出す、そのような書類になっていない限り、採用されることはl期待できません。

職務経歴書は自分自身をプレゼンする重要な書類。
ここのところをきっちりと押さえて作成しないと相手の心に響くはずがありませんね。

何の価値もない商品を買いたいと思う人はいないですよね。
説明や表現を変えてみて説明することで、商品価値を認識してくれることもあるわけです。

プレゼンで自分を売り込むといったって、売り込むポイントが何も思い浮かばない。
こんな風に考えてしまいがちですが、転職しようと考えている限りは、必死で自分の強みを探し出す必要があります。

言葉だけで伝えるのが難しければ、積極的に図や表を使えば良いわけです。
いくら輝かしいキャリアや数値達成の実績を持っていても、それを上手く伝えることができなければ、求める人材ではないと判断され、不採用になる確率が高くなってしまいます。

自分をプレゼンする、そこに意識を持って行って職務経歴書を作成してみてはいかがでしょうか。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 職務経歴書と履歴書の違いは何か (06/25)
  • 転職サイトや転職フェアを利用して職務経歴書作成 (05/23)
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための企業研究 (09/15)
  • 経歴詐称、学歴詐称の背景 (03/27)
  • Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索