転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

情報に振り回されない転職

就職や転職に関する情報はネットに限らず紙媒体でも溢れていますね。
売り手市場や買い手市場といった情報に一喜一憂し、転職のタイミングを間違うことがないでしょうか。

日本の労働人口が減少の一途をたどることが明白で、今から人材を確保しようと躍起になっている企業が目立つようなニュースもありました。
ということで、求人情報をチェックしてみると、福祉介護系、サービス業が圧倒的に多いですね。
このような業界をもともと目指していたならば、選択肢として就職・転職活動を進めれば良いと思うのですが、なんとなく採用されやすそうだと、安易な気持ちで仕事に就くと、早期に転職してしまうという結果にもなりかねません。

周囲の情報に振り回されることなく、自分が何をしたいのか。
自分にはどのような強みがあって、転職後もそれを武器として活躍できるのか。
もし、これといったスキルや知識・経験がなければ、本当に転職してよいのか、そのあたりを真剣に考えてみる必要があると思います。

職務経歴書を書くというのは、単に差し迫った転職希望先の企業に提出するためだけに作成するのではなく、転職はまだ先のことであったとしても、自分のキャリアの棚卸しの意味で作成してみるのも良いかと思います。

それを何度か見直してブラッシュアップしていく。
面白いもので、見直す時期によって、あるいはその時の気分によって、記載内容や表現がガラッと変わってしまったりもします。

転職情報に振り回されることなく、しっかりとした職務経歴書を早い段階から作成しておいた方が良いと思いますね。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 転職サイトや転職フェアを利用して職務経歴書作成 (05/23)
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための企業研究 (09/15)
  • 経歴詐称、学歴詐称の背景 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための必須項目 (12/15)
  • Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索