転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

職務経歴や経験年数だけで評価することの危険性

職務経歴書は採用担当者に自分自身を売り込むためのPR文書ですから、悪く書く人はまずいません。みんな何らかの工夫を盛り込んで、少しでも自分のキャリアがアピールできるように表現や記載内容に苦労しながら職務経歴書を作成しているわけですね。

採用担当者にとってはこの職務経歴書を通して、その人の人物像やキャリアの価値を見抜く必要があります。履歴書や職務経歴書を送付したすべての応募者と面接するのであれば、面接でしっかりとその人物を見ることができるという安心感があるでしょうが、書類選考を行っている企業にとっては、職務経歴書などの書類を正しく評価するということは、非常に神経を使う作業となるわけです。
ITmedia ニュースの記事で、「年齢や経歴で人を評価することは危険」というのがありました。「中途採用では職務経歴書に目が奪われることがありますが、悪いことを書く人はいませんので、それよりも人物を見抜くことが必要だと思います。」との記述がありましたが、まさしくその通りであると思います。

職務経歴を作成するときは、どうしてもワンパターンになりがちです。その中に自分の人生、人物像を浮かび上がらすことが出来るような記載がアクセントとして付け加えられていると、採用担当者の心に響くのかもしれないですね。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 転職サイトや転職フェアを利用して職務経歴書作成 (05/23)
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための企業研究 (09/15)
  • 経歴詐称、学歴詐称の背景 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための必須項目 (12/15)
  • Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索