転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職務経歴書でアピールするポイント

職務経歴書で何をアピールすればよいのか。これは採用担当者の立場になって考えてみれば自ずと明らかになります。
例えば、自分が採用担当者である場合、独りよがりの自己PRに終始した職務経歴書を見て納得するでしょうか。

人材を採用する場合、単に人員を増やすのではなく、目的があります。例えば新しく始まるプロジェクトを軌道に乗せるために有能な人材が必要であるとか、販売強化のために営業経験豊富な人を採用するなどです。

この採用方針に基づいて求人活動を行うわけですが、当然この方針からかけ離れた人材は書類の段階ではねられてしまう可能性は高くなります。
職務経歴書の第一のアピールポイントは、自分がこの採用方針にいかに適しているかを的確に表現することですね。
求人情報に応募条件や、期待する職歴が書いてあれば、自分のキャリアがどのようにその条件をクリアしているのかを述べる必要があります。
もうひとつ大事なことは、中途採用の場合、企業は即戦力を求めているということ。自分の経験だけではなく、知識や技能が即戦力として十分活躍できるレベル以上であることを職務経歴書で明確にする必要があります。

その他のアピールポイントとして、得意とする分野をできるだけ具体的に説明します。数値化できるものは数値化し、取得資格で説明できるものは、その資格名を明記して説明を加えます。このとき気をつけないといけないのは、資格が一般的なものでないとき、採用担当者がその資格についての知識が乏しい場合もありますので、どういった内容の資格で、どれぐらい権威のあるものなのかを説明しておくと、非常にわかりやすい職務経歴書になります。

あとは企業で働くわけですから、コミュニケーション能力や発想力なども合わせて説明しておくと良いでしょう。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 職務経歴書と履歴書の違いは何か (06/25)
  • 転職サイトや転職フェアを利用して職務経歴書作成 (05/23)
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための企業研究 (09/15)
  • 経歴詐称、学歴詐称の背景 (03/27)
  • Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。