転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジニア・技術職の職務経歴書

エンジニアなどの技術職職務経歴書は事務職の職務経歴書とは異なり、自分の専門分野に関して、どのような成果を成し遂げたのか、また、技術レベルがどの程度のものであるのか、具体的に説明しやすいと思います。

今はIT関連をはじめ、技術職のスタッフの採用が活発で、うまく就職活動を行えば、高い確率で希望の仕事に就くことができると思います。
そのためにも、採用担当者の注意を惹きつける職務経歴書を作成したいものですね。

まず、気をつけたいことが、できるだけ自分の力量を推し量ることができる説明内容にするということ。自分が関わったプロジェクトの説明するのであれば、少なくとも、どういった規模のプロジェクトを何人で担当し、その中で自分がどのような結果を出したのかを説明する必要があるでしょう。

もちろん、期間やプロジェクトの規模を表わすことのできる数値があれば、説明に加えておきます。ここでもうひとつ技術職職務経歴書を作成する上で気をつけたいことがあります。
専門分野に対する知識がある故に気がつかないポイントですが、採用担当者は必ずしも同じ分野の専門家ではないということです。
特殊な業界用語や、専門用語、特に専門用語を略した言葉を使って説明すると、採用担当者が理解できないことがよくあります。
あまりその分野に知識がない採用担当者であっても、理解できるような表現に置き換えて説明することが望ましいでしょう。

専門分野に関する資格を持っている場合が多いと思いますので、資格については忘れずに書くようにした方が良いでしょう。

技術職の場合、ごまかしがききません。誇大な表現を使って職務経歴書を作成しても、すぐにその技術レベルが分かってしまいます。自分が実際に担当した内容で自信を持ってアピールできる事柄に絞って職務経歴書を作成することを心がけたいものですね。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 職務経歴書と履歴書の違いは何か (06/25)
  • 転職サイトや転職フェアを利用して職務経歴書作成 (05/23)
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための企業研究 (09/15)
  • 経歴詐称、学歴詐称の背景 (03/27)
  • Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。