転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

職務経歴書の自動作成はつかいものになるか。

職務経歴書は履歴書と異なり、こうでなくてはダメだという形式はありません。自分の職務経歴をアピールできる様式であればいいわけですね。
ところがいざ書こうとして、数行書いたところで止まってしまうことがよくあると思います。
職務経歴書にしろ、履歴書にしろ、テンプレートや書き方のサンプルはネット上でたくさん探すことができます。
書籍などでは、より詳しく書いてあるものが多いので、それを参考にしてもいいですね。
ところが、それでもなかなか内容を書き進めることができない場合、職務経歴書を自動作成できるサイトがいくつかありますので試してみてもいいかもしれません。

気をつけないとダメなのは、あくまで自動で作成したものであるということ。
平均的なものとしては完成するかもしれませんが、それで十分だとは言いきれない可能性が高いのではないでしょうか。
100人が100人とも自動作成で職務経歴書を作ったとした場合、どれも似通ったものになりますね。当然書くことができる内容が異なるわけですから、アピール力のあるキャリアを持っているならば、自動作成でも勝てる職務経歴書を作成することができるかもしれません。
問題は平均的な職務経歴内容しか書けない場合。
どうやってアピールするかを十分に考える必要があります。
形式だけにとらわれずに、使う言葉一つひとつ検討する方がいいわけですね。

職務経歴書を自動作成するツールはあくまで土台作りに役立てると割り切る方が無難であるような気がしますがどうでしょうか。
もうひとつこの自動作成を使うときの問題点は、そのサイトで会員登録しなくてはいけないところが多いということ。
気軽に試してみることができないんですね。
もちろん会員登録して、他の有益な情報も得たいという場合は、まったく問題ないですが。
そう割り切れるのであれば、複数登録して使ってみるのもいいかもしれませんね。

どうしてもうまく職務経歴書を作成することができないという場合は、迷っているよりも一度職務経歴書の自動作成を試してみる価値があるかもしれません。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 職務経歴書と履歴書の違いは何か (06/25)
  • 転職サイトや転職フェアを利用して職務経歴書作成 (05/23)
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための企業研究 (09/15)
  • 経歴詐称、学歴詐称の背景 (03/27)
  • Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索