転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職務経歴書の職歴を記入する時に必要な項目とは

職務経歴書は職歴をわかりやすく書かなくてはいけないのは当然ですが、記入必須項目ごとに具体的に説明を加えていくと、非常にわかりやすい職務経歴書ができあがります。
職務経歴書を提出するのは転職の場合がほとんどだと思いますので、勤めていた会社の情報が必要ですね。

まず会社名ですが、正式な名称で記入します。また、どのような業種の会社であるのか、また売上や資本金、従業員数など、会社の規模がわかる数字を載せておくことが望ましいですね。

次に所属していた部署名ですが、これも正式な部署名と具体的な業務の内容を記入します。このとき気をつけないといけないのが、特殊な業務や一般的でない業務内容の場合は、できるだけわかりやすい説明を加えるということ。
面接の段階で説明を求められるようでは、できのいい職務経歴書とはいえません。

担当職務については日常の業務だけではなく、プロジェクトチームに携わっていたなど、自分のアピールできるポイントはできるだけ書きます。また、期間が決まっていたプロジェクトなどの場合は、その期間も書いておくといいでしょう。

次に昇進・昇格ですが、昇進・昇格した時期と、正式な役職名、それと記入しておくのが望ましいのが部下の数。たくさんの部下をマネージメントしていたのであれば、必ず記入しておくべきでしょう。

退職理由も必ず明記します。
もちろんマイナスイメージを与えるような説明の仕方ではなく、できるだけ前向きな表現を使うことを心がけます。
履歴書で退職理由を書いているからと、職務経歴書では省く人もいますが、何度か転職を繰り返している場合、それぞれの会社についての退職理由を職務経歴書に明記した方がわかりやすいと思いますね。
この他にも、その会社で得た資格や、特に発揮していた技術・能力があれば記入しておきます。
留学や海外への赴任などは、海外への進出予定がない企業でもアピールになることがありますから、できるだけ具体的に書いた方がいいでしょう。

それぞれの会社ごとに、上記で挙げた項目について一度まとめてみてはいかがでしょうか。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 職務経歴書と履歴書の違いは何か (06/25)
  • 転職サイトや転職フェアを利用して職務経歴書作成 (05/23)
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための企業研究 (09/15)
  • 経歴詐称、学歴詐称の背景 (03/27)
  • Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。