転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

職務経歴書のサンプルと追加変更の重要性

職務経歴書の説明サイトや、職務経歴書のサンプルを載せているサイトが増えてきましたね。
それだけ、どのように自分の職務経歴をまとめればよいのか迷っているひとが多いということ
だと思います。
自分の特に強調したい職歴や、なぜその企業に転職したいと考えているのかをしっかりと考えると、おのずと書く内容は決まってくると思うのですが、やはり他の転職希望者がどのように職務経歴書を作成しているのかは気になるところですね。

私も職務経歴書のサンプルを見ることがよくあります。
色々例をあげながら説明をしているところや、添削指導までしてくれるサイトがあるのですが、すっきり
まとまって見やすいのはジョブダイレクトのサイトであるような気がします。
一度チェックされてはどうでしょうか。

しかし、何度か職務経歴書のサンプルを見ていると、どれも似通っているのに気がつくと思います。
採用担当者に分かりやすい基本形が同じだということですね。
これはこれで納得がいくのですが、同じよなパターンの職務経歴書が多くなるわけで、やはり自分なりの工夫を盛り込む必要があるのではないかと思ってしまいました。

サンプルはあくまでサンプル。
自分の職務経歴を表現するのに最適な形式になっているかは自分でしかわからないはずです。


いくつかの職務経歴書のサンプルを見ることは必要ですが、それにとらわれず、参考にしながらも、自分流の職務経歴書を作成する方が、インパクトの強いものになることも多いと思います。
グラフやイラストを載せて分かりやすくしても良いわけです。
パワーポイントと組み合わせて作成していもいいですね。
要するに、採用担当者に興味をまず抱かせる、ここを忘れると、いつまでたっても面接にたどり着くことができない、そんな職務経歴書になってしまいますから、注意が必要です。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 転職サイトや転職フェアを利用して職務経歴書作成 (05/23)
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための企業研究 (09/15)
  • 経歴詐称、学歴詐称の背景 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための必須項目 (12/15)
  • Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索