転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

専門職の職務経歴書

職務経歴書は応募する職種によって見せ方が変わります。
事務職の場合は、数値での実績を表しにくいですから、担当した職務内容とそれに見合う職務遂行能力の説明や業務遂行に必要とされる資格の説明が中心になりますが、営業職の場合は具体的な設定目標とその達成状況の説明が数値を使って具体的に説明される必要があります。
専門職で応募する場合は、なおさら魅せる工夫が必要ですね。

例えばWEBデザイナーやWEBディレクターなどで応募する場合、自分が作り上げたWEBサイト、あるいはチームを率いて完成させたWEBサイトのビジュアル見本が職務経歴書に添付されていると効果絶大だと思いますね。
そのサイト作りで工夫した点、チームを率いて完成させたときの自分の役割と貢献したポイントを明確に説明すると、よりインパクトのある職務経歴書になります。

専門職の場合、具体的に期待されている仕事内容があり、その仕事に対して能力を発揮できるかどうかを見られるわけですから、具体的な作品などがあれば、採用担当者は非常に判断がしやすくなるわけです。
例えばデザイナーで応募しようと思うなら、今までの作品を見せることは必須だと思います。
手がけた作品の添付がない職務経歴書では、デザインに対して自信がないのではと疑われても仕方がないですね。

専門職職務経歴書は、その専門分野における能力が十分にあるということを、採用担当者に理解させることが一番大事なことであると言えるでしょう。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 職務経歴書と履歴書の違いは何か (06/25)
  • 転職サイトや転職フェアを利用して職務経歴書作成 (05/23)
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための企業研究 (09/15)
  • 経歴詐称、学歴詐称の背景 (03/27)
  • Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。