転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

職務経歴書の魅せる工夫

最近経済が不安定で雇用情勢も予断を許しませんね。
ニュースでも完全失業率がアップしていると報じられ、転職には厳しい状況が今後続くかもしれません。
そんな中でも、転職せざるを得ない事情はありますから、何とか希望の職に就くために、最善の努力をつくしたいもの。

転職のための必要書類は何度も見直して改善を図っていると思いますが、就職環境が厳しくなればなるほど、今一度見直して、効果的な、魅せる職務経歴書や履歴書作成を心がける方がいいでしょう。
しかし、単純に見直すといっても、個々の項目はすべてチェックしたという人が多いと思います。
意外と気がつかないのが、文章の表現ですね。
自分では素晴らしい文章を書いたつもりでも、人から見ると拙い文章で、分かりずらいものであるかもしれません。
自己満足は何のプラスにもなりませんから、今一度文章表現、文のつながり、不要な修飾語が多くないかどうかチェックしてみてはいかがでしょうか。
少なくとも希望する会社への志望動機は採用担当者に明確に誤解されることなく伝わる必要がありますから、一度文章を整えた後、友人にでも読んでもらい、志望動機を友人に口頭でも説明を加えてニュアンスの差がないかどうかを確認することぐらいはした方が良いと思います。
もちろん家族に聞いてもらってもいいですね。

厳しい就職・転職環境の中でも、希望の職に就きたいものですね。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 職務経歴書と履歴書の違いは何か (06/25)
  • 転職サイトや転職フェアを利用して職務経歴書作成 (05/23)
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための企業研究 (09/15)
  • 経歴詐称、学歴詐称の背景 (03/27)
  • Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索