転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今さら聞けない職務経歴書郵送の仕方

職務経歴書郵送の仕方なんて、ただ単に封筒に入れて送るだけだから、今さら聞くまでもないと思うのが普通だと思いますが、細かなことを気にしだすと、いろいろ疑問が出てくるものです。
例えば手元に記念切手しかなく、普通切手を買いに行くにも時間がない。
このまま記念切手を貼って郵送して問題ないだろうか、などですね。

私の経験で言えば、受け取った履歴書や職務経歴書の封筒に記念切手が貼ってあれば、けっこう目立ったのを覚えています。
数多くの履歴書や職務経歴書が郵送されてくるわけですから、封筒が良い意味で目立つというのはプラスに働く可能性があると思います。
少なくとも、ダメ出しはしなかったですね。

もちろん、あまりにも派手な物、大きすぎるものはダメだと思います。
そこには敢えて目立ちたいという、作為的なものを感じてしまいますから、あくまで通常のサイズで、記念切手なんだなとさりげなく感じさせる程度であれば、記念切手を貼って職務経歴書などの応募書類を郵送しても、まったく問題はないと思います。
あくまで私見ですが。

封筒の段階で、採用担当者の注意を惹くことができたとしても、中味が伴っていなければ、採用されるはずがありませんから、当然中味はしっかりと作成する必要があります。
今、新聞やテレビのニュースでは派遣社員の雇用打ち切りや非正社員の削減が毎日のように報道されています。
このような就職氷河期に突入していく状況においては、たとえ分かり切った郵送であっても、いろいろ工夫をしたり、最新の注意を払うことが望ましいですね。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 職務経歴書と履歴書の違いは何か (06/25)
  • 転職サイトや転職フェアを利用して職務経歴書作成 (05/23)
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための企業研究 (09/15)
  • 経歴詐称、学歴詐称の背景 (03/27)
  • Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。