転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

職務経歴書と志望理由書が分かれている場合

職務経歴書を作成するとき、その中に志望理由をうまく盛り込むことが必要ですね。
今までの経歴を生かしたいと考えて応募しているのか、あるいは未経験であっても、新しい分野に挑戦したいと考えているのか、採用担当者は気になるところです。

たとえば、今までの職歴を新たな職場で活用したいと考えているならば、どのような技術やキャリアを新たな職場で活用したいと考えているのか、単に過去の職歴を羅列するだけではなく、具体的に説明する必要があります。
その思いが、採用担当者の思いと一致すれば、非常にインパクトの強い職務経歴書になるわけですね。

職務経歴書を作成するときには、この志望動機の書き方で、けっこう頭をひねるのではないかと思います。当然履歴書の中でも簡単に触れるわけですから、同じことを繰り返し書くのではなく、職務経歴書ではさらに異深める必要があります。

この重要な志望動機の説明。
採用企業によっては、詳しく知りたいと考えているところも多いようで、提出書類に「志望動機書」と明記しているところもあります。
中には自由形式ではなく、書式まで決められていて、それをダウンロードして記入し、提出するというところもあるようです。

このような場合、なぜ分けているのか、そのところをきっちり理解して書く必要があります。
それだけ志望動機を重視しているということですから、内容の薄い、ありきたりの志望動機を書いてしまっては、他の書類がいくら良くできていても、採用に至ることが難しいと思われます。
たいていはA4用紙1枚分になっていますので、それぐらいは書けるように準備をしておいた方がいいですね。
志望動機はその企業に絶対入社したいという強い気持ちがあれば、いくらでも書く内容が頭にうかんでくるはずです。
その会社の技術力にあこがれているなら、どういったところに強みを感じ、自分のキャリアをどう関わらせていきたいと考えているのか、これだけでも十分に説明できますね。
志望動機書が分けられている場合は、他の書類同様、完璧なまでに仕上げないと採用されることは難しいと考えておいた方がいいでしょう。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 職務経歴書と履歴書の違いは何か (06/25)
  • 転職サイトや転職フェアを利用して職務経歴書作成 (05/23)
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための企業研究 (09/15)
  • 経歴詐称、学歴詐称の背景 (03/27)
  • Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索