転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

職務経歴書と表現力の関係

職務経歴書の作成が完了し、自信満々で人に見せたところ、酷評でガックリしたという経験はないでしょうか。
最近よく感じることなんですが、その差はどうも表現力にあるような気がしてなりません。
同じことをアピールするにしても、効果的な言い回し方があるわけで、いくらいい内容を盛り込んでも、何を言っているのかわかりづらい、気持がストレートに伝わってこないなんてことはよくあります。
職務経歴書以外に志望動機書を添付する場合もそうですね。
表現力の良し悪しによって、志望動機が全く分からなくなることもあります。

私は長年人事採用に携わってきましたが、最近教育関係の職場で学生に志望動機の書き方を指導することがありました。
800字で志望動機を書いてもらったんですが、志望先のホームページからかっこいい表現をいくつかピックアップして並べ、文章をつないでいるだけなんですね。

「志望理由は貴社の経営理念に惹かれたからです。」なんて書いてみたところで、読む方からしてみれば本当に理解しているの、実際の本音は違うところにあるんではないか、などマイナスにとられてしまうこともあります。
その中に個性は微塵も感じられませんね。

中でも自分のやりたいことを延々と書き連ねた志望動機書には少しびっくりしました。
自分のやりたいことと、企業が求めていることが一致すれば問題ないわけですが、どう一致しているのか、うまくまとめる努力もせずに、とにかく書き上げたという印象で、これでは採用担当者でなくても辛口の評価を下すだろうと感じたわけです。
しかし、この表現力、なかなかすぐには改善できないものです。
とにかく、自分ではよく書けたと思っているわけですから。
やはり第三者の意見を求めて、自分の表現力は合格レベルにあるのかどうかをしっかりとチェックした方がいいですね。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 職務経歴書と履歴書の違いは何か (06/25)
  • 転職サイトや転職フェアを利用して職務経歴書作成 (05/23)
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための企業研究 (09/15)
  • 経歴詐称、学歴詐称の背景 (03/27)
  • Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索