転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

職務経歴書作成の工夫 職務経歴書に書ける内容を工夫する

職務経歴書の書き方や、職務経歴書の工夫は理解できた、しかし書く内容がない、こんな悩みを抱えながら職務経歴書用紙とにらめっこしている、こんな人も少なくないのではと思います。
人に自慢できる、採用担当者に強くアピールできる能力、技術、職務経歴があれば、こんな悩みを抱くことはないかと思いますが、完璧な職務経歴を持っている人の方が少ないはず。
そこで、なんとか自分のキャリアの範囲内で、アピール力を高めるべく、職務経歴書の書き方を工夫するわけですが、これにも限度があります。

ひとつが前の仕事を辞めてからのブランクの期間ですね。
就職活動が3カ月以内なら、さほど問題にはならないと思いますが、これが半年経ち、1年経ちと、ブランクの期間が長くなると、よい印象は与えません。
他でどんなに自己アピールしたとしても、この間、なぜ採用されなかったのか、あるいはなぜ就職活動を行っていなかったのか、など、いろいろ憶測をよび、マイナス印象を持たれてしまいます。
長期間ブランクがあったわけですから、それなりの合理的な説明を要求されるわけですね。

しかし、正社員が決まらなかったから、この間フリーターをしていた、ではそれまでのキャリアが台無しになってしまいます。
そこで何らかの工夫が必要なわけですが、職務経歴書は将来の活躍が期待できるかどうかを判断するための重要な書類であるということを考えると、このブランクの期間、次の仕事につながるための自己啓発の期間に使ったと書ければ、ある程度納得を得やすいですね。
過去のキャリアをさらに活かすために、職業訓練を受けていた、あるいは資格取得を目指し、もう勉強に励んでいた、新たな技術を勉強するために専門学校に通っていたなどです。

次の就職までのブランクが長引きそうだと判断するならば、それを合理的な説明で埋めることができる準備も怠りなくしておくことが望ましいと思います。
ただ単に、何社も受けたが採用に至らなかった、こんな説明を行えば、まず採用されることはないですね。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 転職サイトや転職フェアを利用して職務経歴書作成 (05/23)
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための企業研究 (09/15)
  • 経歴詐称、学歴詐称の背景 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための必須項目 (12/15)
  • Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索