転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職務経歴書を作成するための企業研究

職務経歴書に書く内容が豊富にあっても、企業のニーズに沿ったものでなければ、何のアピール力もありません。
企業がどんな職務のエキスパートを必要としているのか、年齢はどうなのか、新しく人材を採用することによって、どんな問題を解決しようとしているのか、そのあたりをしっかりと研究する必要があります。

企業の求人情報だけでは十分に読み取れない場合もあります。
その場合は、求人会社のWEBサイトを見ると採用担当者の基本的な考え方がはっきりとわかる場合がありますので、職務経歴書を作成する前に目を通しておくと良いでしょう。

企業研究はWEBサイトだけではありません。
会社四季報に載っている会社であれば、経営方針や今後の戦略も読み取ることができますので、なぜ今この職種で募集しているのか、わかる場合もあります。

よく企業は即戦力を求めていると言われますが、それはあくまで企業の必要としている能力やキャリアと自分の経歴が合致していて初めて評価されることです。

企業のニーズに全く関係のないキャリアであれば、採用担当者の心を動かすことは難しいと言えるでしょう。
面接で力を発揮するためには、まずは書類選考を突破する必要があるわけです。
そのためにも、職務経歴書を作成する前に企業研究を十分に行うことが望ましいですね。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 職務経歴書と履歴書の違いは何か (06/25)
  • 転職サイトや転職フェアを利用して職務経歴書作成 (05/23)
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための企業研究 (09/15)
  • 経歴詐称、学歴詐称の背景 (03/27)
  • Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。