転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

職務経歴書は手書きかパソコンで作成か

職務経歴書は書く内容が多くなりますから、基本は見やすく、読み
やすく作成することが重要です。
字に自信がある場合は、手書きで採用担当者を印象づけることも
有効な戦略かもしれませんが、読みやすさという点では、やはり
パソコン使用の方が勝っていると言えます。

履歴書の場合とは少し異なりますね。
履歴書は、マニュアル本を読むとたいてい自筆が良いと書かれて
います。
採用担当者が履歴書の字から、その人柄を判断することができ、
手書きの方が好印象を与えるというものです。

では、職務経歴書も手書きの方が良いかというと、そうではない
というのが多数の意見のようです。
私は長年人事採用畑にいましたから、たくさんの履歴書、職務経歴書
に目を通しました。

職務経歴書で知りたいのは、実践力として採用できるかどうか、その
ためにはどんな実績を残しているのか、経験キャリアはどうであるか
などですから、ダラダラ書かれていると、途中でイライラして飛ばし
読みしてしまいます。

字が汚ければ論外ですね。
丁寧に書いておけば大丈夫という人もいるようですが、たくさんの
職務経歴書を読む立場に立って考えてみてください。
やはり下手な字は読む意欲がわかないですね。

パソコンでレイアウトに気をつけながら作成することをお勧めします。
上下左右の余白は十分とる方が良いですよ。
スペースがあまりなく、びっしりと書かれた職務経歴書は読むのに
抵抗感があります。

箇条書きや表を使ってメリハリをつけることも大事ですね。
ちょっとした工夫で、すっきり読みやすくなるものです。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 転職サイトや転職フェアを利用して職務経歴書作成 (05/23)
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための企業研究 (09/15)
  • 経歴詐称、学歴詐称の背景 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための必須項目 (12/15)
  • Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索