転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

職務経歴書 誇張 自己アピール この違いを理解する

職務経歴書は自分の職歴を説明するだけではなく、自分のセールスポイントは何なのかを明確にする大事な書類です。
応募先の企業に入社すれば、自分のキャリアをどのように活かせて、企業に利益をもたらすことができるのか、それを明確にする書類なんですね。
だからこそ、企業の採用担当者は送られてきた職務経歴書に真剣に目を通します。
職務経歴書における自己アピールが大事なのは分かりますね。

しかし、良く勘違いされるのが、自己アピール誇張の違い。
少しぐらいの誇張であれば支障はないのかもわかりませんが、これが大きな誇張ともなると嘘の職務経歴書となってしまいます。
履歴書にしろ、職務経歴書にしろ、嘘はすぐにばれると思っておいた方が良いでしょう。
入社してから嘘が発覚することもありますし、入社前に分かってしまうこともあります。

特に面接でしどろもどろになることが多いですね。
面接官はするどく質問をしてきます。
おかしいなと感じたところがあれば、そこをさらに深く掘り下げるような質問をしてきます。
大げさな誇張や嘘の内容で固めたポイントは説明破綻が必ず起こると考えておいた方が良いでしょう。

自己アピールは自分の良い点や過去の誇れる事実を分かりやすく記入する。
基本は事実に基づくということです。
数字を使って説明できるなら数字を使う。
ここでも嘘はだめです。
前の会社に問い合わせが行くということもありますから。

自己アピールするところがないから、嘘をでっちあげる、こんなことを考えているようでは、まず採用されないでしょう。
自信を持って自分自身を見直せば、いくらでも自己アピールのポイントは出てくるはずです。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 転職サイトや転職フェアを利用して職務経歴書作成 (05/23)
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための企業研究 (09/15)
  • 経歴詐称、学歴詐称の背景 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための必須項目 (12/15)
  • Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索