転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

第二新卒の職務経歴書で注意すること

第二新卒という言葉をよく聞きますが、新卒で就職したにもかかわらず、三年経たずに会社を辞めてしまう人が相変わらず多いようです。
今年に入って少しは就職状況が改善していると言っても、まだまだ就職難ですね。
希望の仕事に就けずに意に反した会社に就職せざるを得ない人が多く、すぐに転職を考えてしまうのは仕方がないことなのかもしれません。
でも、転職は慎重に考えた方がいいですね。

第二新卒でも就職活動で応募企業から職務経歴書の提出を求められることが一般的です。
経験が浅くて書くことがあまりないのに、職務経歴書を出す必要があるのか疑問に思う人もいるでしょう。
採用担当者にすれば、第二新卒なりにどのように職務経歴書をまとめるのか、工夫や表現の仕方なども見て、採用の判断材料にするわけですね。

決して輝かしい実績を上げているかどうかを見るわけではありません。
もちろん、素晴らしい実績を残しているなら、その内容を書けばいいわけですが、そのような人はおそらくすぐにその会社を辞めることはしないでしょう。
短い期間であっても、実際に担当した業務があるはずですから、その具体的な内容、自分なりに工夫した点や努力した内容を書けばいいわけです。
ただ、退職理由が前向きなものでないと、いくら職務経歴書の内容に工夫を凝らしたとしても、採用担当者の印象を悪くしてしまう可能性もありますから、注意が必要です。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 職務経歴書と履歴書の違いは何か (06/25)
  • 転職サイトや転職フェアを利用して職務経歴書作成 (05/23)
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための企業研究 (09/15)
  • 経歴詐称、学歴詐称の背景 (03/27)
  • Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索