転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

転職コンサルタントを利用して職務経歴書を作成

職務経歴書の作成。頭を抱えていませんか。
いざ職務経歴遺書を書こうと思って机の前に座ったものの、ペンが動かない。あるいは、ちょっと書き出したものの、何度も書き直してしまう。こういう経験はよくあると思います。

うまく書けない理由の一つは、自分自身の強み、職務経歴として売り込むアピールポイントが自分自身でまだ認識出来ていないからではないでしょうか。
お盆休みのように長期の休みがあるときは、自分のキャリアを振り返って、職務経歴書に書き出す内容をまとめるのにうまく時間を活用するといいのですが、何時間頭をひねってもまとめることができない!
こういう場合には、考え方を切り替えて、転職サイトや人材登録会社の転職コンサルタントをうまく活用してみてはいかがでしょうか。
私の経験から言うと、職務経歴書のアピール力が弱いと、多くの応募者から抜きんでることは先ず難しいと思われます。

転職コンサルタントは、面談で色々質問をしてきます。ここで自分自身を隠しても仕方がないですから、ありのままの自分をさらけ出し、過去のキャリアを一緒に振り返るんですね。
もちろん事前に作成した自分の職務経歴書を持参して相談しても良いと思います。

人に話をするというのは、自分の考えをまとめる上で、非常に役に立ちます。特に相手が転職を支援するプロであればなおさらですね。
うまく考えをまとめ、自分では気がつかなかった強み、強調すればよいキャリアのポイントを教えてくれます。

転職はじっくり構えるのもいいですが、良い採用条件のところがいつ現れるかもしれません。いつでも対応できるように、ある程度納得できるレベルの職務経歴書は早めに作成しておくことが望ましいですね。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 職務経歴書と履歴書の違いは何か (06/25)
  • 転職サイトや転職フェアを利用して職務経歴書作成 (05/23)
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための企業研究 (09/15)
  • 経歴詐称、学歴詐称の背景 (03/27)
  • Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索