転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

今は職務経歴を増やすチャンス

最近労働力不足で、休業を余儀なくされたというニュースをよく耳にします。
じっさい、飲食業界や建築業界では深刻な労働力不足が問題となっており、一部には海外の労働力に頼らざるをえないところも増えているのが現状です。

ほんの少し前までは就職難で求人倍率も悪化したままだったのですが、最近はその数値も改善し、転職が難しいとされていたミドル層や女性にとっても明るい兆しがあります。

かといって安易な気持ちでは転職に失敗するのは目に見えていますが、自分のキャリアを高めたいと思っている人にはチャンスなのかもしれません。

特に若い世代を育てることができるミドル層、ある程度の知識と技術を持ち、業界の事情もわかっている人を採りたいと考えている企業は増えています。

単純に外国人労働者を増やしても、その人たちを育成管理できなくては、効率良く業務を進めることはできません。
将来勝ち残る企業にするためにも、若手をぐいぐい引っ張っていくことができる人材が必要とされているんですね。

このような職務を経験しておくことは、これからの労働力不足がさらに深刻化することを考えると、大いに役立つことは間違いありません。

自分の職務経歴の幅を広げることにもなりますから、さらにステップアップして転職するとき、職務経歴書の内容を充実させることができますね。

前向きな転職、十分に将来を見据えた転職は成功する可能性が高いと思いますよ。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 職務経歴書と履歴書の違いは何か (06/25)
  • 転職サイトや転職フェアを利用して職務経歴書作成 (05/23)
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための企業研究 (09/15)
  • 経歴詐称、学歴詐称の背景 (03/27)
  • Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索