転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職務経歴書の守破離

職務経歴書を作成する場合、何にも参考にせず、あるいはアドバイスも受けずに自分で考え作成できる、こんな人であれば転職に苦労することも少ないと思いますが、たいていの場合、作成した職務経歴書に自信がなかったり、不安を感じる人が多いと思います。

そこでいろんなサンプルを見たり、ハウツー本を買ったりして参考にしながら作成するわけですが、自分の場合に落とし込んで作成する必要があります。

しかし良くやりがちであるのが、そのまま人の受け売りの職務経歴書を作成してしまうということ。

職務経歴書の見本や例文を見て、自分なりの言葉で書けるのであれば問題ないのですが、その例文通りの文章を作ろうとするあまり、不自然な文面になってしまうことがあります。そもそも、採用担当者はこれらの参考本などを読んだことがあると思いますので、こんな書類を見せられると「どこかで読んだことがある職務経歴書だな。」なんて思ってしまうわけです。

自己アピールもそうですね。
自分なりのアピールポイントをどう効果的に伝えるかを考え文章にするわけですから、文章表現にも工夫が必要とされます。


参考文はあくまで参考。
参考にしたものとほとんど同じような内容はまずあり得ないわけです。

守破離。
良く使われる言葉ですが、まずは参考にし、自分なりに完璧に理解した上で、自分の独自の職務経歴書を作成する。
これができれば就職できそうですね。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 職務経歴書と履歴書の違いは何か (06/25)
  • 転職サイトや転職フェアを利用して職務経歴書作成 (05/23)
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための企業研究 (09/15)
  • 経歴詐称、学歴詐称の背景 (03/27)
  • Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。