転職で希望の仕事に就くためには職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。採用担当者にアピールできる、勝つための職務経歴書を作成してみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情報に振り回されない転職

就職や転職に関する情報はネットに限らず紙媒体でも溢れていますね。
売り手市場や買い手市場といった情報に一喜一憂し、転職のタイミングを間違うことがないでしょうか。

日本の労働人口が減少の一途をたどることが明白で、今から人材を確保しようと躍起になっている企業が目立つようなニュースもありました。
ということで、求人情報をチェックしてみると、福祉介護系、サービス業が圧倒的に多いですね。
このような業界をもともと目指していたならば、選択肢として就職・転職活動を進めれば良いと思うのですが、なんとなく採用されやすそうだと、安易な気持ちで仕事に就くと、早期に転職してしまうという結果にもなりかねません。

周囲の情報に振り回されることなく、自分が何をしたいのか。
自分にはどのような強みがあって、転職後もそれを武器として活躍できるのか。
もし、これといったスキルや知識・経験がなければ、本当に転職してよいのか、そのあたりを真剣に考えてみる必要があると思います。

続きを読む

職務経歴書を作成するための企業研究

職務経歴書に書く内容が豊富にあっても、企業のニーズに沿ったものでなければ、何のアピール力もありません。
企業がどんな職務のエキスパートを必要としているのか、年齢はどうなのか、新しく人材を採用することによって、どんな問題を解決しようとしているのか、そのあたりをしっかりと研究する必要があります。

企業の求人情報だけでは十分に読み取れない場合もあります。
その場合は、求人会社のWEBサイトを見ると採用担当者の基本的な考え方がはっきりとわかる場合がありますので、職務経歴書を作成する前に目を通しておくと良いでしょう。

企業研究はWEBサイトだけではありません。
会社四季報に載っている会社であれば、経営方針や今後の戦略も読み取ることができますので、なぜ今この職種で募集しているのか、わかる場合もあります。
続きを読む
  • 職務経歴書と履歴書の違いは何か (06/25)
  • 転職サイトや転職フェアを利用して職務経歴書作成 (05/23)
  • 情報に振り回されない転職 (03/27)
  • 職務経歴書を作成するための企業研究 (09/15)
  • 経歴詐称、学歴詐称の背景 (03/27)
  • Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。